220720 「ワールドキャンパスいせはら」がスタート

「チャレンジしよう!国際交流2022」をテーマに「ワールドキャンパスいせはら」(ワールドキャンパスインターナショナル&伊勢原訪問共同事業、後援:伊勢原市、同教育委員会)が7/20(水)好天のもと雨岳文庫・山口家住宅からスタートしました。アメリカ、ノルウエー、ドイツ、ポーランド、フィンランド、フランス、日本の18~27歳の若者11名(女性3名)とガイド4名の計15名が山口家住宅に集い、主屋と、資料館にて展示されている浮世絵を見学され、その後日本舞踊と甲冑隊との交流を楽しまれました。活動の一端をいつものことながら少ない写真ですが紹介します。

▼先ずは主屋見学です。雨岳文庫役員の石井が堪能な英語で解説され、ゲストの方が聞き入っています。設えの多彩さに感心していました。

▼蜜を避けるために2グループに分かれました。もう一方のグループは資料館にて浮世絵の見学です。展示を主催した雨岳ガイド会の庄司の説明を受けた後、通訳の方を交え皆がそれぞれの思いで浮世絵に見入っています。

▼今日は水琴窟も機嫌が良く、竹を耳に当てない周りの方も清音を聴くことができました。音の出る仕組みは浮世絵を説明されていたノルウェー国籍の通訳の方が当方提供のイラストにて適切に説明されていました。

▼庭の木漏れ日の中で、日舞の師匠さんが日本の四季をテーマにした簡潔で楽しい踊りを指導されていました。皆ノリノリです。

▼甲冑隊の皆さんから甲冑を身に付けさせていただき皆様ご満悦です。クルリンちゃんも来ていたのですがこの写真には入っておらず残念。この後、皆さんで刀を抜き時の声をあげて午前のプログラムを終了しました。30度を超えるなか、皆さん元気でした。

この後、ゲストのご一行は昼食のため和仲荘に向かわれました。伊勢原でのプログラムは、阿夫利神社下社参拝、能満寺での藍染/コマ回し/宮大工体験/笹船作り、向上高校での交流、県の防災センター訪問などです。コロナが拡大中なので皆さん無事に他県を含めたプログラムが終了することを願っています。

 

Total Page Visits: 289 - Today Page Visits: 1