240408 書院の間に五月人形が飾られました

本日5月8日に雨岳文庫山口家住宅の奥座敷、書院造の間の床の間には五月人形が飾られました。例年ですと主屋土間の広い天井空間に、明治期に飾られた長さ三間(5m以上)もある鯉のぼりも飾られるのですが、今年は土間の修復工事が行われているため飾ることが出来ないのが残念です。

▼貼付け壁の床の間に掛けられた七言詩掛軸「御座松歌」の前に飾られた五月人形と鎧兜です。良い雰囲気を醸し出しています。

▼やっと鎧兜を飾り終えたのですが、鯉のぼりの組み立てに四苦八苦しています。

▼本日飾り付を行っていただいた有志の方々です。昔執ったであろう杵柄は健在だったでしょうか!

▼梅園の梅の花が散った後ですが、現在梅園では菜の花が黄色一色、主屋玄関前では花桃でしょうかピンク一色の彩を添えています。

雨岳文庫山口家住宅では5月のGWに楽しい企画をたくさん用意しています、是非ご家族でお出でかけ下さい。お待ちしています!

Total Page Visits: 206 - Today Page Visits: 2