230916 西富岡の畑で野良仕事

2023年(令和5年)9月16日(土)気温は30度を超えていましたが、畑では赤トンボが右へ左へと飛び舞っていました。秋は確実に来ている様です。

抜いても抜いても次々出てくる雑草類です。それでも次々抜いています。

今日もミーティングのスタートは8時30分でしたが、その時間前から作業を開始してくださっている方々がいました。汗びっしょりでした。

先週播種した大根が発芽しマルチの穴から出てきています(写真上) 出ていない所がありました(写真下)原因は覆土が厚すぎたと思われます。そこで優しく土を払ってみたり、撒き直したりしました。来週発芽状況を確認します。

畝間に白菜の苗を植えました。先週植えたのはブロッコリーです。

畑にはでっかいトノサマバッタや目玉が連結している様なセスジスズメの幼虫もいます。とにかくたくさんの虫たちが狂気乱舞している様子が見られます。

水分補給の休憩時間には、差し入れもちょくちょく楽しんでいます。

草だらけの畑を綺麗な畝にするには①草刈機で長い草を根元より刈り込む。②刈った草はまとめて堆肥場に運ぶ。③その後トラクターで耕す。④耕した土に巻き込まれた根っこを両手で引き上げて除く。⑤レーキー等を使って畝を仕上げる。結構大変ですがベテランが20人近く集まって、その作業後は美しい畝ができあがります。

後期高齢者揃いですが、仕事は早いです。ただし50代はその3倍のパワーを発揮していただいてます。

〆のミーティングは「ご苦労様でした!」の掛け声で終了します。

みんなのアイドルトラクターの威力は絶大です。ベタつく泥を気づいた人が剥がしています。

黄色い花は“オクラ”です。酢の物にしても美味しく食べられます。ピンクの花は“ローゼル”です。楊貴妃が愛用したというお茶ができます。3ヶ月前に仕込んだ梅ジュース。梅1Kg、りんご酢250ml、氷砂糖500gの配合です。炭酸で割って美味しくいただきました。草刈りの終わった場所に早速ハクセキレイがやって来てました。餌になる昆虫はたくさんいます。

◉参加人数:18名 ◉次回の予定:9月23日(土) ◉本日のお土産:なし

Total Page Visits: 370 - Today Page Visits: 2