211128 山口家住宅外庭のハナレでの朗読会です。

 11/24(水)の山口家住宅外庭のハナレ「元鈴木喜三郎邸」では「手毬会」の皆さんによる「朗読会」が開催されました。会員8名が参加されましたが、童話作家で直木賞も受賞されている江國香織さんの作品「つめたいよるに」に収録されている短編から四編を4名の会員が一編ずつ担当し、朗読しました。朗読は、登場人物を情感豊かに語り分けるなど、聴いていてその情景が目に浮かぶようで、心に染み入るようでした。主催者の中尾様は、開演の挨拶で「一つ一つの作品の余韻を楽しんでほしい」と話されましたが、一編の朗読が終るごとに軽音楽を流されて、しばし朗読作品の余韻の中に身を置くことができました。

「朗読会」は木漏れ日の中のハナレで行われました。

作品の中の4編を、4名の方が1編ずつ熱くクールに語られました。

「朗読会」の冒頭のご紹介は、ここで掲載された写真撮影をされた方からのコメントです。素晴らしい朗読会の雰囲気を少しでも感じて頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

Total Page Visits: 441 - Today Page Visits: 2