201212 第3回林家たけ平独演会が開催されました。

今年を締めくくるにふさわしい落語が、真打・林家たけ平師匠により12/12(土)に幕末の代官屋敷の山口家にて語られました。題は“暮れに聴く人情噺”。博打に明け暮れた父親の改心劇が、吉原に身を預けられた娘と引き換えに借金した50両と、領主から借財した50両を失くした大店の使い、および置屋と大店の店主が織りなす人間模様を、機微を交えた語り口で語られ、聴衆が引き込まれた1時間でした。コロナを警戒し、人数制限と、高座、聞き手13名がそれぞれの距離を保った中で開催されました。夏は“牡丹燈籠”の話しでしたが、次回4/30(金・GW)ではどのようなお噺が聴けるのか楽しみです。

▲高座と聴衆の距離を取った会場設定にて開催されました。

▲本題の始まる前に聴衆は既に師匠の語りの虜に

▲本題の流れの中心となる50両の中に話の機微が詰まっています。

▲高座の〆は師匠と聴衆が一体となり来る年の福を呼ぶ三本締めです。

▲主屋の大戸口では山口家農園で収穫された無農薬栽培のラッカセイと梅干しが好評でした。
◇来年4/30(金・GW)の出し物が楽しみです!


 

Total Page Visits: 35 - Today Page Visits: 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です