240213 雨岳文庫山口家住宅のお雛様たちです

雨岳文庫山口家住宅の梅園では梅の花が満開ですが、住宅の中ではお雛様たちが皆様とお目にかかるのを楽しみにしています。

▼昭和8年から山口家にて愛でられているお雛様の女雛です。近づいて目をこらすと
王冠の作りが素晴らしく、屏風の桜と調和しています。

▼昭和8年のお雛様は昔からのしきたりを継承し、女雛が左側に置かれています。
この飾りかたは現在は京風飾りと言われており、関東とは男雛と女雛が逆の位置に
なっています。

▼昭和10年頃の卓上型のお雛様です。上側のお雛様は両サイドの獅子に守られて
います。

▼昭和48年のお雛様です。立派ですね。

▼上段の皆さまは昭和8年のお雛様を飾っていただいた方々です。
下段の皆さまは昭和48年のお雛様を飾って下さった方々です。
有難うございました。

▼今日、2月13日の山口家住宅です。玄関前の梅の花と、入母屋造りの屋根が夕日に映えています。

 

 

 

 

Total Page Visits: 330 - Today Page Visits: 1