231030 「愛甲石田から下糟屋」ウォークを行いました。

 雨岳ガイドの会では10月21日(土)に恒例のウォークを行いました。主催グループからの投稿を掲載します。。。秋晴れの爽やかな天候に恵まれ、一般参加者27名、会員13名の合計40名でウオークが行われました。コースは愛甲石田駅を出発して、石田遺跡群・石田車塚古墳・子安神社・圓光院・長龍寺・小金塚古墳・鶴駕行啓の所です。爽やかな一日、皆さん笑顔で楽しいウオークになりました。ウオークを終え資料館で反省会をしていた時、参加者の方からお礼のメールを頂きました。会員に披露したところ、皆喜んでいました。ガイドの励みになりますありがとうございました。

1.石田遺跡群

 恒例の諏訪間顧問の講座。弥生時代から中世までの遺跡が密集していることが明らかとなり、古代より住みよい環境として人々に好まれてきたことがわかります。また、中央とかかわりを持つ有力者が居住していたことが示唆されます。

2.石田車塚古墳

 伊勢原市と厚木市の市境に位置し、伊勢原からは「石田車塚古墳」、厚木市からは「愛甲大塚古墳」といわれています。古墳時代前期の前方後円墳。

3.子安神社
 氏子さんたちの尽力により、外装・内装が改修され見違えるほどきれいになった社殿の中を見学させていただきました。

 また、神社から、銀杏とお札の引き出物がふるまわれて、皆さん大喜びでした。

4.圓光院
 木曽義仲を打ち取った、石田次郎為久の墓(供養塔)。石田三成は為久の子孫か?三成の旗印の意味するものは何か?

5.長龍寺

 親鸞上人が開いた浄土真宗のお寺。きらびやかな内陣は極楽浄土を表しています。

*次回のウォークは12月16日(土)、子易明神から三之鳥居までを歩きます。新東名高速道路工事にて壮大な中世寺院跡が出現しています。乞うご期待!!

 次回ウォークのチラシです。⑤ちらし⑯いよいよ大山

 

Total Page Visits: 900 - Today Page Visits: 2