220820 西富岡の畑で野良仕事

2022年(令和4年)8月20日(土)猛暑や雨の今年のお盆がでしたが、今日の西富岡の畑はトンボが盛んに飛び交い、空が高く、秋の気配が感じられました。

とはいえまだまだ蒸し暑く、汗をかきながら、直ぐに生えてくる草を刈っています。秋のおとづれとともに、日増しにこの夏草の勢いも減ってくるのでしょう。今日の作業は、ひまわりの片付け(タネ取り済み)、大根のタネを撒く準備で軽く耕して肥料を撒き黒マルチを敷きます。(90cm幅、3畝)

枯れてきたヒマワリの根っこが、まだしっかり根付いてます。茎を刈ると後で機械を入れたときにやりにくいため、人力で引き抜くのですが、なかなかの重労働でした。

作業中、トンボがブンブン飛び回っていました。初秋です!

丁寧に畝作りをしています。

マルチ貼りはしっかりと両脇の土を被せ固定します。脇が甘いと風が入り込み剥がされてしまいます。今年の株間は30cm 。大蔵大根(べったら用)240本、練馬大根(沢庵用)160本を想定しています。天候等いろいろな条件がうまく行くことを願っています。種まきは今のとこと9月10日当たりを予定しています。

カンカン照りの暑さはありませんでしたが、湿度が高くて蒸し暑かったため2度の休憩をいれ、熱中症や体力復活に対処しました。皆様大変お疲れ様でした。

◉参加者:15名 ◉次回予定:9月3日を予定しています。詳細につきましては吉羽先生よりご案内があります。

Total Page Visits: 258 - Today Page Visits: 4