220723 西富岡の畑で野良仕事

2022年(令和4年)7月23日土曜日、なんとも本格的な夏!です。今日も日差しは強いです。オミクロンの新患者数も増えて来ています。用心しながら畑の作業に挑みます。早めに畑に着いた方が手際良くテントを張ってくれます。この日陰があることでどれだけ救われることか。本日の作業内容についてテント内で説明を受けています。大切な日陰です。

暑さの畑で花を咲かせたり、実をつける植物たちがいます。7月始めに立派なビワの実が終わり、次の楽しみは「ベリーA」(ぶどう)です。西富岡の畑の果物たちは、喉の渇きを癒すべく、会員に大人気を博しています。

草取り作業はエンドレス、頑張っていただいてます。

大豆の生育は大変順調です。草に負けぬよう畦道に草刈機を入れています。

今年も楽しみなラッカセイが育ってきました。「落花生」の名の通り花が咲き自家受粉のあと、子房で受精され、写真のような子房柄が土にささり土の中で膨らんで鞘ができます。そして地中でマメが育ちます。なんという知恵ものでしょうか!?

余った大豆のタネは肥料用として撒きました。ある程度大きくなったら機械ですき込む予定です。根粒菌が土壌を豊かにしてくれるでしょう。

これが最後の枝豆です。参加の皆様で分けました。貴重な枝豆に思え、ひときわ味も良く思えました(手前味噌です)。お疲れ様でした。

参加者:14名 次回はしばらく畑の作業も夏休みです。再会は畑の様子を見ながら連絡メールを流します。ありがとうございました。

Total Page Visits: 177 - Today Page Visits: 1