201025 書院の間の襖が修復されました。

雨岳文庫・山口家の書院の間の「襖」の修復が終わりました。江戸時代末期の姿を残す「書院造りの座敷」の修復が「貼付け壁」と共に完了し、代官屋敷らしくキリっと引き締まった座敷となりました。

▲今回、修復された「襖」です。扁額とともに引き締まって見えます。

▲床の間と脇床の「貼付け壁」も修復を終え「シブイチ」の桟で縁取られています。

▲「付書院」です。この付書院は伝統的な形式とのことです。組子も凝っています。

▲床の間の反対側の「襖」は葛布の上に「中島湘烟」自筆の書が。文化的にも
極めて価値のある座敷です。
この座敷を有する江戸時代末期の代官屋敷「雨岳文庫」は毎日曜日にお一人様
300円(中学生以下は無料)にてご案内しています。また、下記に事前に
ご連絡いただければ日曜日以外の見学も可能です。
問い合わせ、利用・見学申し込み先

電話/FAX o463-95-0002

メール sajiemonugaku@bmail.plala.or.jp
公益財団法人雨岳文庫

Total Page Visits: 970 - Today Page Visits: 1