210325相模国分寺跡のウォークの下見を行いました。

 現在のコロナ感染状況下では緊急事態宣言の中止を手放しでは喜ばれませんが、雨岳ガイドの会の文化財ウォークを4月から再開することにしました。再会する文化財ウォークは4/17(土)に国史跡の相模国分寺跡とその周辺を歩く予定です。ウォーク地点を確認するために下見を行いましたので、その写真を幾つかご紹介させていただきます。また、本ウォークの詳細を添付ファイルしましたのでご確認いただき、私たちと共に天平文化の一端に触れてみてはいかがでしょうか。なお、緊急事態宣言が再発出された場合は本ウォークは中止となりますことを予めご了解ください。
    今回のウォークのチラシ

▲海老名市温故館の相模国分寺の復元模型です。

▲相模国分寺跡の七重塔の基壇跡では子供たちが元気に遊んでいました。
▲国指定重文の鐘楼のある国分寺ではしだれ櫻が綺麗でした。
▲三眼六足の白狐は何処にいる!!三眼六足稲荷社にて。
▲渡辺崋山も渡った「厚木の渡し」を海老名側から。。。背景には大山が。。。
      公益財団法人 雨岳文庫(うがくぶんこ)

Total Page Visits: 151 - Today Page Visits: 1