240413 西富岡の畑で野良作業

2024年(令和6年)4月13日(土)。春が駆け足でやって来て通り過ぎて行きました。大山の麓の畑も新芽がたくさん芽吹いています。

第2東名高速道路の橋桁もすっかり目に慣れて来ています。

朝のミーティングで今日の作業の取組みを話し合います。ブロッコリーをきれいに片付けて、ネギを分けてお土産に。そら豆と新芽が出てきた春野菜の周りの除草をします。じゃがいもは品種によって生育がバラバラですが、ここも除草をします。

まだまだ美味しいブロッコリーです。全部刈り取ってしまう予定でしたが、もう少し残しておいての声が大きく、次回の作業日にも採取できそうです。

なんと立派なネギではありませんか!青ネギは生のまま切ってバラ凍結をしておくと便利に無駄なく利用できます。

お二人は動力機械大好きな方々です。お陰様で大きな畑を維持することができています。

もちろん、昔ながらの農具を操っての作業も自然の会仲間の得意とするところです。

新規の10代の会員さんが来ました。畑にはシニアの笑顔も似合いますが、若人の微笑みはかけがえのないものです。

ジャガイモの発芽が品種によってかなりちがって出て来ています。現在のところキタアカリとトウヤが頑張っています。

春野菜たちの発芽状態です。これから先は人間の力で除草作業して野菜たちを見守っていきます。

今年、初挑戦のゴボウも出て来ました。楽しみです。

葉物野菜も虫たちとの攻防がありますが、楽しみです。

作業の後は、菜の花が咲く畑の手作りピクニックテーブルで「お疲れ様」のひと時を雑談で情報交換をします。甘夏や郡山の「薄皮饅頭」の差し入れがありました。

◉参加人数:23名 ◉4月20日(土)勉強会開催しました。◉次回の作業予定:4月27日(土)枝豆の播種・植付け(9時半〜)

Total Page Visits: 176 - Today Page Visits: 3